スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    僕だけがいない街 12話 感想

    今期の中で一番と言っていいくらいの出来なだけに有終の美を飾って欲しいと願っていましたが、
    それは叶わなく終わった後に「う~ん…」となってしまいました。
    八代先生の行動原理・心理状況がよく分からない。
    最初は殺す気満々なのに、途中から悟無しでは生きていけないという…端折ったからこうなったのでしょうか。

    後は悟が立ち向かう時の心情の演出が微妙でした。
    愛梨の「信じたい」のくだりでは物足りない。子供の頃の回想もあれば悟に感情移入出来ると思いました。

    良かった所は悟が飛び降りた後のウィンクでしょうか。
    八代がやってたウィンクを意識したもので、「しっかりやってやったよ」というメッセージが見えて良かったです。


    しかし不良消化のまま終わってしまって何とも言えない最終回でした。
    漫画の原作を読んで消化してみようと思います。

    僕だけがいない街の総評はコチラ





    関連記事

    ↓押すとモチベーションが上がるので応援お願いします。

    にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
    にほんブログ村


    漫画・アニメ ブログランキングへ

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animazing.blog.fc2.com/tb.php/117-2c29ea19
    プロフィール

    筆者:jack
    アニメの感想ブログです
    このブログで何かを感じて
    頂いたら嬉しい限りです


    最近の一言
    ポケモンをやり始めた
    けど一向に対戦出来る気配がない



      にほんブログ村 アニメブログへ
      
     
    最新記事
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    RSSヘッドライン
     



    ランキング参加中です。
    宜しければ応援よろしくお願いします。



    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    リンク
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。