スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【ジョーカー・ゲーム】 1話 「ジョーカー・ゲーム(前編)」 感想

    CMの番宣を観てあまり期待はしてなかったのですが、観始めたら引きこまれました。
    時代背景と怪物超人のスパイという設定が見事にハマっていて面白い。
    「お国のために」とあの頃特有の洗脳状態に近い佐久間が引き立て役となって良いですね。
    脚本の岸本卓さんは原作の良さを引き出すのが上手い。無駄が一切なく最後の引きまで観ていて飽きないです。

    人物・時代の設定の良さが目立っていましたが、その設定の応える声優陣の芝居も見応えがりました。
    特に結城役の堀内賢雄さんの演技は凄い。感情や表現を抑えているのにキャラクターの持っている強い意志や「負けが嫌い」という思想がハッキリ見える。普段、陽気なおじさんや洋画の主役など感情豊かな演技を観ているだけに違った一面が見られて面白かったです。
    やはりキャラクターの内に秘めているものがしっかり見て分かる演技というのは良いですね。

    今回、印象的だったのはポーカーシーンでの煙草の煙。
    程よい煙が異様・異質な空間を生み出して騙すというのがシーンと合っていて良かったです。

    振り返ると背景や小物の描写が良いので説得力があり、映画を観ているようでした。
    原作が小説なだけあって全てに置いて練られていて、こういう骨太なアニメは観ていて楽しいです。



    ジョーカー・ゲーム Blu-ray BOX 上巻
    KADOKAWA メディアファクトリー (2016-07-27)
    売り上げランキング: 595


    ↓押すとモチベーションが上がるので応援お願いします。

    にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
    にほんブログ村


    漫画・アニメ ブログランキングへ

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animazing.blog.fc2.com/tb.php/137-0b8f6329
    プロフィール

    筆者:jack
    アニメの感想ブログです
    このブログで何かを感じて
    頂いたら嬉しい限りです


    最近の一言
    ポケモンをやり始めた
    けど一向に対戦出来る気配がない



      にほんブログ村 アニメブログへ
      
     
    最新記事
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    RSSヘッドライン
     



    ランキング参加中です。
    宜しければ応援よろしくお願いします。



    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    リンク
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。