スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【甲鉄城のカバネリ】 1話 「脅える屍」 感想

    脚本ベースが進撃の巨人と全く同じでしたが楽しめました。
    なんでキャラクターデザインが古いのだろうとずっと疑問に思っていたのですが、世界観に合わせていたんですね。
    駅内の町の風景と鉄工所で鳴るような音が、もののけ姫のたたら場とダブる。
    銃と剣というのも良いですね。後はエボシみたいのがいれば完璧だったのですがw

    この作品で気になるのはやっぱり主役の畠中祐さんですね。
    時期が悪いというか…「うしおととら」をの潮と演じ分けがちゃんと出来てない。
    色々あるのですが、せめて「カバネを目の当たりにしている」と「妹?がやられた」という苦辛の経験を役に入れ込んで欲しかったですね。機械オタクの厚みのないキャラに若干なってます。

    一番驚いたのは無名役の千本木彩花さんですね。
    ウェキペディアで見たら帰宅部活動記録のクレア役やっていたんですよね。
    素人がやっているような演技が頭の中に強烈に残っていたのでビックリしました。

    気になる所は橋を上に上げるのが間に合わないシーン。
    最初に甲鉄城みたいに橋の前で止めないのは可笑しいというのと、
    交信役がレバーを上げない事に対して見張り役(?)が銃を向けるということでしょうか。
    後は血を出すために自傷するシーン。「斬りすぎだろ…」と思ったのは私だけじゃないはずw
    脚本の都合と演出の微妙さが見えて少し嫌でした。


    振り返ってみると、ゾンビと進撃とは良い組み合わせだなと関心しますね。
    どう展開していくのか気になります。


    甲鉄城のカバネリ ORIGINAL SOUNDTRACK
    澤野弘之(音楽)
    アニプレックス (2016-05-18)
    売り上げランキング: 495


    ↓押すとモチベーションが上がるので応援お願いします。

    にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
    にほんブログ村


    漫画・アニメ ブログランキングへ

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animazing.blog.fc2.com/tb.php/139-fcc3f387
    プロフィール

    筆者:jack
    アニメの感想ブログです
    このブログで何かを感じて
    頂いたら嬉しい限りです


    最近の一言
    ポケモンをやり始めた
    けど一向に対戦出来る気配がない



      にほんブログ村 アニメブログへ
      
     
    最新記事
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    RSSヘッドライン
     



    ランキング参加中です。
    宜しければ応援よろしくお願いします。



    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    リンク
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。