スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【3月のライオン】 3話 「晴信・夜空のむこう」 感想

    二海堂と川本家の苦し悲しい話でした。
    二海堂の少年役の三瓶由さんの演技はワンシーンなのに光っていた。
    将棋に生きる道を見出していて絶対負けたくない想いが詰まっていて、息遣いもそういうものが出ていて緊迫感があって素晴らしい。
    大切なものだから必死に足掻いて藻掻いてる二海堂はカッコいいですね。


    最後のひなたが泣くシーンが印象的。
    言の葉の庭でも花澤さん凄い凄いと言っていましたが、
    ひなたという役になっていて「お母さん」という叫びは鳥肌が立つ。
    強くない中学生がお母さんの居ない悲しさを爆発させたような演技でした。


    あかりさんの寂しい顔も演技も良く、茅野さんは何を演じても上手いと感じてしまう私なのでした。
    やはり物語が良いと、出ているキャラクターも演じてる声優も生き生きしている。
    関連記事

    ↓押すとモチベーションが上がるので応援お願いします。

    にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
    にほんブログ村


    漫画・アニメ ブログランキングへ

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animazing.blog.fc2.com/tb.php/161-dd867b99
    プロフィール

    筆者:jack
    アニメの感想ブログです
    このブログで何かを感じて
    頂いたら嬉しい限りです


    最近の一言
    ポケモンをやり始めた
    けど一向に対戦出来る気配がない



      にほんブログ村 アニメブログへ
      
     
    最新記事
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    RSSヘッドライン
     



    ランキング参加中です。
    宜しければ応援よろしくお願いします。



    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    リンク
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。