スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【舟を編む】 3話 「恋」 感想

    コミュニケーションが苦手なことは逆に上手くなるキッカケになるかもしれない。
    そんなお話しでした。
    一目惚れにしては2話を思い出すと微妙。
    香具矢さんがそこまで美しく描かれているとは思えなかったのと、
    馬締が女性に対して話せないというシーンがなかったのも原因の1つかもしれない。

    脳内会話だけで終わらせる馬締はキャラクターとしては面白い。
    ユーリの勇利とは違った成長の仕方で、それも分かりやすく大家さんの言葉を胸に頑張ろうとしているから良い。
    言葉を大事にしている馬締からこそ感情移入しやすい。

    この回の契約社員の佐々木役の榊原さんの演技や台詞が光ってる。
    一見、毒吐く嫌みなおばさんかと思いきや、西岡を弄っているのが凄い。
    暗い人っていうより芯の通った人に見えるのは演技が素晴らしいからなのに他ならない。


    ベッタベタな展開ですが、馬締が変わっていくのは楽しみです。
    関連記事

    ↓押すとモチベーションが上がるので応援お願いします。

    にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
    にほんブログ村


    漫画・アニメ ブログランキングへ

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animazing.blog.fc2.com/tb.php/169-ad6d82b4
    プロフィール

    筆者:jack
    アニメの感想ブログです
    このブログで何かを感じて
    頂いたら嬉しい限りです


    最近の一言
    ポケモンをやり始めた
    けど一向に対戦出来る気配がない



      にほんブログ村 アニメブログへ
      
     
    最新記事
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    RSSヘッドライン
     



    ランキング参加中です。
    宜しければ応援よろしくお願いします。



    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    リンク
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。