スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【涼宮ハルヒの憂鬱】 5話 「涼宮ハルヒの憂鬱 III」 感想

    一見、何のこともない日常回に見えますが日常から非日常へと変わる話でした。
    台詞だけで状況・立場を説明するので大事ではないように見えますね。
    放送当時はアニメをそこまで真面目に観ることはしなかった。
    いざ真面目に観てみると話をシャッフルしたのは良い方向へ行っていたと実感。
    意味不明な長門の正体を少しずつ分かるように持っていくのは上手い。

    ただ、正体を明かした後の部室で長門がみくるとオセロをする理由が分からない。
    「余計なことは言うな」という警告のための行動なのでしょうか。無表情なので全く読み取れないw
    後、それとは反して図書館でトボトボ歩く姿は、↑の出来事があったためか印象的でした。


    改めて見返すとやはりハルヒ役の平野綾さんの演技は上手い。
    今回の探検する組分けのシーンで、キョンに警告する時のキョンにイライラする演技は良い。
    ハルヒ自身よく分かってない感情があるという肝の部分がよく見えました。
    後は、青い鳥の下りで「それなら聞くなっての…」という台詞・演技でキョンに心を開いているのもいいですね。


    当時全く気が付かなかった…というより関心が無かったのですが、
    この回のEDのハルヒとキョンのクレジットタイトルだけフォントが大きいのには驚いた。
    重要なキャスト・スタッフ順に入れ替えたりするのはたまに見かけますが、
    フォントが大きいのは初めて見たのでちょっと斬新でした。
    関連記事

    ↓押すとモチベーションが上がるので応援お願いします。

    にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
    にほんブログ村


    漫画・アニメ ブログランキングへ

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animazing.blog.fc2.com/tb.php/175-43a6b279
    プロフィール

    筆者:jack
    アニメの感想ブログです
    このブログで何かを感じて
    頂いたら嬉しい限りです


    最近の一言
    ポケモンをやり始めた
    けど一向に対戦出来る気配がない



      にほんブログ村 アニメブログへ
      
     
    最新記事
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    RSSヘッドライン
     



    ランキング参加中です。
    宜しければ応援よろしくお願いします。



    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    リンク
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。