スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【3月のライオン】 7話 「神さまの子供(その③)承前)・大切なもの。大切なこと。・将棋おしえて」 感想

    人と向き合う回でした。


    真剣に人と向き合うのは怖い。
    桐山零は事故があってから自分を偽ってきたので、高橋君に打ち明けるシーンはジーンと来ますね。
    誰かと分かち合える・共感するというのは、とても幸せであり生きるための活力になると思いました。





    前々回でも書きましたが、
    ピンポイントでこういう綺麗な絵がくるとドキッとする。
    大事なシーンや感情の起伏が激しい時に良い絵を持ってくる技法は最高ですね。





    鼻息が荒ぶるシーンですが、緊張感が出ていて上手い。
    緊張の演技は誤魔化しが出来ないので素晴らしいものでした。




    この演出などは余計なことはせず、演技だけで魅せるシーンは何度も観られる。
    ひなたの「零の普段とは違った一面が見られて嬉しい」という純粋な気持ちがよく分かる。
    「んっふふ」は至極の演技でした。



    良いキャラクターに良い芝居。
    こういう内面を見せるアニメは観ていて楽しい。
    そして来週はお休みで悲しい。

    関連記事

    ↓押すとモチベーションが上がるので応援お願いします。

    にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
    にほんブログ村


    漫画・アニメ ブログランキングへ

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animazing.blog.fc2.com/tb.php/201-96259822
    プロフィール

    筆者:jack
    アニメの感想ブログです
    このブログで何かを感じて
    頂いたら嬉しい限りです


    最近の一言
    ポケモンをやり始めた
    けど一向に対戦出来る気配がない



      にほんブログ村 アニメブログへ
      
     
    最新記事
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    RSSヘッドライン
     



    ランキング参加中です。
    宜しければ応援よろしくお願いします。



    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    リンク
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。