スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【ドリフターズ】 10話 「Baba Yetu」 感想

    自分の世界を構築しようとする話でした。


    廃棄物の話はどうにも面白くない。
    ロード・オブ・ザ・リングと比較してしまってスケールの小ささを感じてしまう。
    映っている魔物達の数が少ないからなのでしょうか。やってる事は壮大なはずなのに不思議。




    サービスショットは良いのですが、「そのシーン必要?」と思ってしまう。
    ドワーフと一緒に酒飲んでいるなら分かるのですが、無いので白けるだけなんですよね。




    火縄銃に拘る理由は面白い。
    人の心理を理解して、それを利用とする織田は観ていてワクワクしますね。
    後、豊久に対して戦馬鹿と思っていますが、「おまえも戦馬鹿だろ」とツッコミ入れたくなりますねw




    こういう星マーク観ているとヒソカやジョジョを連想してしまいますね。
    キャラクターデザインもどことなく似ている気がしますw




    こういうちょっとしたシーンは寒気がする。
    イーズィーは伊藤かな恵さんの声とマッチしていない気がする。
    それくらい台詞が軽く、説得力がないように感じてしまう。




    この国を売る最後のシーン。
    以前オカマ達が国を見限ったシーンがあったため衝撃的でもなんでもない終わり方でした。
    予想するまでもない、つまらない引きは久しぶりに観た気がする。

    関連記事

    ↓押すとモチベーションが上がるので応援お願いします。

    にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
    にほんブログ村


    漫画・アニメ ブログランキングへ

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animazing.blog.fc2.com/tb.php/222-3d20d117
    プロフィール

    筆者:jack
    アニメの感想ブログです
    このブログで何かを感じて
    頂いたら嬉しい限りです


    最近の一言
    ポケモンをやり始めた
    けど一向に対戦出来る気配がない



      にほんブログ村 アニメブログへ
      
     
    最新記事
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    RSSヘッドライン
     



    ランキング参加中です。
    宜しければ応援よろしくお願いします。



    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    リンク
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。