スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【舟を編む】 10話 「矜持」 感想

    ひっちゃかメッチャかな回でした。


    13年という年月をすっ飛ばしてやってきているので薄々は気付いていたのですが、
    締めようと必死にまとめ過ぎておかしいことになっている。
    終わり良ければ全て良しっていうのも勿体無い。僕だけがいない街と同じコースへ進んでいる。






    バイトがぶっ倒れる寸前まで働かせるのも、
    終わった後に馬締に寄ってくるのも不自然で苦笑する。
    前日も同じような光景を観ただけにデジャブーでした。
    後、大学生くらいなんでしょうが、何日も働き詰めってスゴイw




    こういう「もうダメなんです…」みたいなわざとらしさは本当にやめて欲しい。
    最後の最後まで分からないような演出の方が好きだ。




    血潮が抜けていた原因も分からないまま終わって消化不良に見えますが、
    海くんのおかげで丸く収まっているように感じました。

    終わり良ければ全て良しの力技は本当に恐ろしい…w

    関連記事

    ↓押すとモチベーションが上がるので応援お願いします。

    にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
    にほんブログ村


    漫画・アニメ ブログランキングへ

    トラックバック

    舟を編む 第十話 感想
    2016/12/15放送 第十話「矜持」 岸辺ちゃんを主人公にしましょう。
    2016.12.17 12:22 | そこに二次元がある限り
    この記事のトラックバックURL
    http://animazing.blog.fc2.com/tb.php/229-ebde235f
    プロフィール

    筆者:jack
    アニメの感想ブログです
    このブログで何かを感じて
    頂いたら嬉しい限りです


    最近の一言
    ポケモンをやり始めた
    けど一向に対戦出来る気配がない



      にほんブログ村 アニメブログへ
      
     
    最新記事
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    RSSヘッドライン
     



    ランキング参加中です。
    宜しければ応援よろしくお願いします。



    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    リンク
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。