スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【舟を編む】 11話 「灯」 感想

    言葉は自由だ。
    人は言葉無しで生きて行くのは難しい。


    自分の考え、気持ちを伝えるには言葉が必要。
    相手に正確に伝えられる大切なもの。
    最終回ではより一層そう感じるようになりました。


    松本先生役の麦人さんの演技が衝撃的。
    身体はボロボロで無理しながら馬締達の前では元気に振る舞う演技が自然過ぎて泣きそうになりました。



    「言葉は、言葉を紡ぐための心は、自由であるべきです。」

    死を受け入れ、それでも辞書に対しての情熱を持ち続ける。
    こんなにも「生涯現役」という言葉が似合うキャラクターも居ない。






    感情がダイレクトに伝わる演技は感動する。
    悔しさや悲しさを共感出来る素晴らしいシーンでした。




    色々と抜けいている部分がありましたが、
    それでも綺麗に纏まっている最終回でした。
    ただ、



    このシーンがあるなら岸辺さんの恋愛の行方も少し映しておくれw

    関連記事

    ↓押すとモチベーションが上がるので応援お願いします。

    にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
    にほんブログ村


    漫画・アニメ ブログランキングへ

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://animazing.blog.fc2.com/tb.php/235-fefe1ac3
    プロフィール

    筆者:jack
    アニメの感想ブログです
    このブログで何かを感じて
    頂いたら嬉しい限りです


    最近の一言
    ポケモンをやり始めた
    けど一向に対戦出来る気配がない



      にほんブログ村 アニメブログへ
      
     
    最新記事
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    RSSヘッドライン
     



    ランキング参加中です。
    宜しければ応援よろしくお願いします。



    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    リンク
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。